*Twitterで書ききれなかったことを書き残しておくためのblogと撮影記録*

2016・伊藤杯シーズンファイナル 渡瀬くん引退!!

やっぱりファイナルは足が向かない…。

大倉山Tシャツにサイン欲しくて、16時に会場入りしようと思ってたんだけどね…。

結局17時過ぎのシャトルバスにてでっぱつ。

車中でも気分は重く。

大声でしゃべり倒してるおばさんに殺意が湧くほど鬱々としていました。

事前情報より引退者が増えていないことを祈って( 人 )

 

 

着いたらまずはいつもの面々にご挨拶。

 

M社長、とうとう「こんばんは」だけ(笑) わかりやす~っ(笑)

というかこちらは必要以上に選手に慣れ慣れしくしたり、

もう持ってるのに何度もサインをもらっているくせに

「自分は気を遣ってます」的態度が本当に嫌なので、

今回で縁が切れて本当にほっとしています。

原因は整形娘が何か吹き込んだんだろうけど何を言われても平気です。

勝手に吹聴していればいい。

あと、私なら、どうせ整形するならキレイになりたいです(笑)

 

 

今年は、思えば、下川の応援団がいなかったのか。

それで人数的にも少なく、がやがやした雰囲気がなかったのかも…。

有希ちゃんはいたのにね。

 

渡瀬雄太引退」の一報は、覚悟はしていたものの、やはりショックでした。

昨年1年、ケガで棒に振って、だからこそ勝負の年だったのかもしれないけど、

復帰してすぐ調子が上がるわけない・もう1年猶予あるって思いが

私的にはどこかにありました。

シビアだね(笑)

 

最近の雪メグを見ていると、果たして雪メグに入社することが幸せなのか?

って考えてしまうことがあります。

「スーパー高校生が大成しない」のを体現してしまっているからです。

「スーパー高校生は大成しない」と言った人がいるけど、私は違うと思う。

スーパー高校生が"雪メグに入社するから"大成しないのだと。

 

それでも、雪メグに入社することは一つの指標というかステータスのように

思っていたのが、最近の陵侑(土屋ホームスキー部)の活躍を見ていると

疑問符がついてしまいます。

 

渡瀬くんもその一人。

何を持って成功とするかは人それぞれの価値観だし、

私は五輪や世選が全てではないと思ってる。思ってるけど、やっぱり世間的な

認知度からいえば、五輪や世選で結果を残すことこそが成功な世の中…。

 

なんかなぁ~…。

あ、弥太郎さん来てましたね!お母さんには着いて早々お会いしてペコリしました。

 

話がだいぶ脱線しました<(_ _;)>

 

 

この日は終始強めの向かい風。たまに当たりクジを引くと爆飛び!

MAXくんが試技で141.5mを記録するほど!

(ゲート何番だったかなー後で確認します)

 

 

時間通り、19時から1本目がスタート。

登るか登らないか迷って、結局試技だけ下で見て、いつもの位置まで上がりました。

上がったんだけど、先約がいたので、その一段下で、いつもおじいちゃんが立ってる

足元が心もとないコンクリの上です(笑)

体が入りすぎると転落&今年は雪がないので下までまっさかさまだったので

最初すっごい怖かった!!

 

1本目トップで折り返した潤志郎は、風に恵まれず、

2本目で距離を伸ばした直幹くんに逆転負け!

直幹くん、ついに社会人抑えて初優勝を飾る!!!(≧▽≦)

表彰式では笑顔が弾けていました。

直幹くんの表彰台は本当に清々しくて、いつまでもその初々しさを失わないで

欲しいって思わず思ってしまいます。

 

そしてこの日は何より有希ちゃんの復活ジャンプ♡

めっちゃくちゃ高い飛行曲線を描いて、145mのバッケンレコード!(女子)

今季はずっと苦しいジャンプが続いてだけに、

最後の最後で報われて良かったです~~~(涙)


20160319_ファイナル・有希1本目


20160319_ファイナル・有希2本目

 

そしていよいよラストフライト。

将太郎クンを含め、何人かの外野選手wがてっぺんへ。

(引退選手が上げた写真を見ると、スタート台のところで写真を撮ってたみたい)

 

 引退セレモニーってどれくらいやってるんだろう?

って今年はチェックしてみました。

表彰式が終わったのが21時半でセレモニーが終わって帰る時に撮った写真が22時半。

約1時間ってとこですね。(今年は引退選手が5人※1人不在)

 22:20のバスに乗るつもりだったんだけど、あっさり過ぎてて(笑)

結局タクりました。

 

円山駅着いたら、前のタクシーからとっちーおばさん降りてきて

「やめてくれや」と思いました(笑)

余談ですが、例の断舎利おばさんととっちーおばさん、お友達だったみたい(笑)

どうりで私を嫌うわけだ(笑)

まぁ私も、物語のヒロイン演じちゃうキャラは本当無理なんで。

こちらこそ、断舎利してくれてありがとうです。

Twitterもインスタもブロックしてくれちゃってるけど、

そもそもお前のつぶやきやガチャピン顔など興味ない(笑)

 

 

階段トコの飛距離審判員のオッチャンがいっぱい話してくれて、

コーヒーやさきいかや2本目のスタートリストなど差し入れしてくれて、

すっごいすっごい寒くて何度も心が折れかけたけど、頑張れました。

本当に本当に寒かった!

いつものスペックで行けば良かったと後悔しました(T_T)

いつもと違う位置だからわからなかったのか、オッチャンから「いつも来てるの?」

と聞かれたから『札幌はいつも来ている』と答えたら、すごく感謝されました。

そして宮様大会のバッジをもらうなど(笑)

 

 

毎年ファイナルで欠かさず録っている引退インタビューは、直幹くんにサイン

もらってて録れず(T_T)

こちらは、雪メグ全員の集合写真を撮った後、その輪の中で渡瀬くんが話した

正真正銘・"最後の挨拶"です。

短いけど、気取らない、照れながら言葉を紡ぐ渡瀬くん^^


渡瀬雄太 最後の挨拶

 

時事通信社の記事上げスピードにはいつも驚かされます。