*Twitterで書ききれなかったことを書き残しておくためのblogと撮影記録*

コンサドーレがJ1昇格☆

何年間も待ち望んだその瞬間は、呆気ないほど残念な結末を迎えた。

 

逃したわけではありません。

でも、J2優勝したら泣くだろうな…とか

5年ぶりの浦和レッズアウェイ観戦ができるなって感慨は

これっぽっちもありませんでした。

 

ひどく無様な試合でしたね。 

都倉が「このゲームは0-0の引き分けで良かった」

と発言したのもまた、残念でした。

ビールかけを終えた都倉に、少し意地悪だと分かりながら「最低限と言っていた20ゴールに届かなかったが」との言葉をぶつけてみた。様々なものを抱えたストライカーは、どんな答を導くのかが知りたかった。 「最低限を達成できなかったので、まだまだ未熟なんでしょう。ただ、今日のゲームに関してはスコアがゼロのままで時計が進めばいいと自分の中では考えていた。 

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=20749

 

 

サッカーは引き分けでも勝ち点をもらえる仕組みです。

だから、この戦い方が間違っているわけではありません。

でも、対戦相手は、勝ち点争いをして1つでも積み上げれば交わせる相手でも、

強豪でもありません。

今季J3落ちかもしれないJ2最下位の相手です。

(追記:結果的に、この勝ち点1でプレーオフに回り、プレーオフでは勝ってJ2残留を決めた)

 

 

自分はブーイングしました。

ゴール裏は何故だんまりを決め込んだのでしょう?

「今日は勝ち点1で充分」「スコアレスでも構わない」

本当にそう思っているのなら、AT突入した時点で

チャンピオーネ』でも歌えばいいじゃないですか。

 

今季気持ちを一つにしてきた選手とサポーター。

初めて、気持ちが通わなかったのではないでしょうか。

 

松井の5打席連続敬遠と一緒です。

それがルール違反でも何でもなくとも、勝つためであっても、

見ていて気持ちいいわけない。

 

来季J1を目指すJ2首位チームが、来季J3に落ちるかもしれないJ2最下位相手に

あのようなゲーム、見ていて本当に恥ずかしかったし情けなかったです。